ノッチ付き6.1インチLCDスクリーン付き2018 iPhone 18:9アスペクト比を実現する

Appleは今年、3台のiPhoneに取り組んでいると噂されています。 それらのうち2つは、iPhone XなどのOLEDパネルを搭載する予定です。 2017年から。3番目のiPhoneには、より大きなサイズの 液晶パネル。 最新の情報によると、このiPhoneは Japan Display(JDI)のLCDパネルを搭載

以前のレポートでは、2018年のiPhoneの1つが 6.1インチLCDスクリーンを収容します。 エントリーレベルのiPhoneになります 価格は約700〜800ドルです。 最新のリークにより、 それはあったフルアクティブ6.1インチのLCDパネルを備えています 2017年6月にJDIによって導入されました。 ディスプレイはフルHD +をサポートしています 2160 x 1080ピクセルの解像度で、アスペクト比が 18:9。 下の画像に示すように、フル機能を搭載したiPhone JDIのアクティブディスプレイは、すべてで超スリムなスポーツが可能になります。 4つの側面。

2018年の他のOLED iPhoneと同様に、LCD iPhoneも ノッチを備えていることが期待されます。 また、ステンレスの代わりに フレーム、LCD iPhoneはアルミニウムフレームを特色にすると噂されています。 それ デュアルカメラのセットアップが機能しない場合があります。 また、3Dが欠けている可能性があります タッチ。

今年のOLED iPhoneに関する限り、そのうちの1つは 5.8インチの画面が表示されます iPhone Xの後継機。他のOLED iPhoneは 6.5インチディスプレイを取り付けます。 これらのスマートフォンが期待されています デュアルリアカメラとステンレス製フレームを採用しています。

「ソニー」

続きを読む:Apples iPhone X、8および8 Plus Q4 Sales iPhone 7&7 Plus YoYよりも低い

最近のレポートでは、6.5インチOLED iPhoneは デュアルSIM機能と512 GBのストレージを装備する。 のどれも 今年到着するiPhoneには、タッチIDセンサーが搭載される予定です。 2018年のすべてのiPhoneは、True Depthと 顔IDセンサー。

この記事の執筆時点では、名前の確認はありません 2018年のiPhone。 最近の報告では、クパチーノは 会社は、第2世代のiPhone SEを 今年の前半。 他のiPhoneはでデビューする予定です 9月。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: