AT&T sued over layoffs—after promising more減税による投資

An AT&T logo on a wall. Enlarge / AT&T logo.Mikeモーツァルト/ Flickr

AT&T was sued last week by a workers’ union that is trying電話会社が「大規模」と呼ぶものを制定するのを止める レイオフ。」伝えられるところによると、何千人もの従業員がレイオフされています 同社は、397億ドルの収益と6.4ドルを報告しました。 前四半期の営業利益は10億。

AT&T is “instituting an unprecedented massive layoff of組合によって代表される従業員 従業員が訓練され資格を有する下請け作業 実行します」と、Communications Workers of America(CWA)は オースティンの米国地方裁判所に土曜日に提訴された訴訟 テキサス。 組合はまた、全国労働者に苦情を提出した 関係委員会。

When contacted by Ars today, AT&T didn’t deny the layoffsbut said the union allegations that AT&T violated collective交渉の合意は「根拠のない」ものです。

参考文献

Comcastは、純中立性の撤廃により500億ドルを費やすと主張しています そして減税

AT&T also defended its employment levels. そうすることで、 AT&T undercut some of its own previous arguments that netneutrality rules suppress investment and that AT&T needed a big投資を増やすための減税。

When AT&T lobbies for favors from the government, it offersネットワーク投資の白黒の説明。 もし government does what AT&T wants, AT&T will increaseinvestment, and vice versa, AT&T’s argument goes.

AT&T thus announced in November that it would invest “an議会が税制改革法案を可決した場合、さらに10億ドル」 電話会社は、投資の正確なレベルがどのようなものであったかを決して言っていない 税法案が可決されなかった場合。

Similarly, when AT&T wanted the Federal CommunicationsCommission to repeal its Title II net neutrality rules, AT&TCEOのランドール・スティーブンソンは、タイトルIIの規制は 「投資を抑制する。」

AT&T got both the tax cut and the net neutrality repeal butその後、従業員のレイオフを開始しました。 AT&T’s explanation of theレイオフは、会社の雇用慣行が基づいていることを示しています 技術の特定のニーズと変化について、直接ではない 政府の行動に対する反応。

「法人税の減税が生み出すという主張にもかかわらず thousands of middle-class jobs in its industry, AT&T recently南西部の何百人もの労働者が 「余剰」を宣言し、レイオフの対象となりました」とCWAは 訴訟の発表。

AT&T’s defense of layoffs

Here’s what an AT&T spokesperson told us today:

事業の多くの部分に人を追加しています より高い顧客需要が発生します。 同時に、技術 改善により効率が向上しており、 従来のサービスに対する需要が減少し続ける分野、 これらの領域の一部で従業員を調整しています。

We’ll work to find other AT&T jobs for as many affected可能な限り従業員。 施設の技術者については、調整します 変化する市場力学に基づく労働力 地域から地域へ。 一部の地域では、これらと同じものを採用しています リソースとこれらの従業員はに転送する機会があります それらの場所。 私たちがまだ持っていることに注意することが重要です 2年前よりも数千人の構内技術者。

そこにはいくつかの注目すべきビットがあります。 When AT&T says it成長している顧客を持つビジネスの一部に人々を追加します 需要が少なく、需要の少ない地域でスタッフを削減します。 それと対立する単純なビジネスの現実を認める 減税は特定の 10億ドル。 雇用はより多くの顧客を取り込むことを目的としています 収益、およびレイオフにより、支出を減らして、より低い収益に合わせます 機会; by AT&T’s own admission, it hires employees to顧客の需要を満たし、エリア内のスタッフを削減して削減 増税すると主張する減税を受けても需要 投資。

AT&T also argues that lower employment itself isn’t a signthat AT&T isn’t investing, because “technology improvements aredriving higher efficiencies,” allowing AT&T to do more withもっと少なく。

That stance is hard to square with what AT&T said when itネット中立規則の廃止を主張していました。 AT&T told theFCCの「その間、関連する資本支出の削減 タイトルII命令の採択直後の期間」 ルールが投資に損害を与えたこと。 But since AT&T says that技術の向上がさらに進むと、支出も減少します 効率性、特定の特定のことを結論付ける理由はありません 減少は、特定の政府規制によって引き起こされました。

Indeed, AT&T told the FCC in 2010 that capital investments技術のアップグレードサイクルに基づいているため、予期しない 年々上昇しています。 設備投資は当然「塊状」です 特定の年に基づいて、1年から次へと上下する needs at specific times, AT&T said at the time.

The difference is that in 2010, AT&T was asking the FCC toワイヤレス市場は競争が激しく、望んでいないと宣言する 問題とみなされる支出のわずかな減少。 2017年、 slight decline in spending was touted by AT&T as a problemFCCにネット中立性ルールを排除することを望んでいたためです。

Finally, AT&T’s statement today said that “we still have2年前よりも多くの構内技術者がいます。」 other words, AT&T says that it greatly expanded its workforceタイトルIIのネット中立性が支配する2年間 適所にあった。

We asked the AT&T spokesperson to explain how the telco wasネットの中立性の負担にもかかわらず労働力を高めることができる ルール、そして私たちはまだ答えを待っています。 But AT&T’sタイトルII規則の下でスタッフを増やしたという声明 confirms what AT&T has occasionally admitted to investors—thatネットの中立性ルールは、その事業計画を妨げませんでした。

同様に、Comcastは最近、投資を増やすと主張しました 次の5年間で500億ドルを超えるインフラストラクチャ ネット中立規則の廃止と新しい税の見直しの。 ただし、Comcast自身のデータは、会社の投資が ネット中立性ルールが設定されている間に急上昇し、ヒットする その投資が引き続き増加した場合の「新しい」マイルストーン 適度な量。

「悪意の露骨な行為」

レイオフは全国的に起こっており、影響があると伝えられています thousands of jobs, but the CWA and AFL/CIO lawsuit against AT&Tテキサス、オクラホマ、アーカンソー、ミズーリでの713人のレイオフに焦点を当て、 カンザス。

「この広範囲にわたるために会社によって与えられた疑惑の理由 レイオフ、「作業負荷の削減」は明らかに間違っています」 米国地方裁判所の苦情は言う。 「減少はありません ワークロード。 当社の事業は活況を呈しており、大規模な収益を上げています 利益。”

AT&T is laying off employees and replacing them with組合を弱めるための下請業者、苦情 言う。

「713人の従業員が行う仕事は、 下請業者によって実行されている、本当の理由は悪意 diminution of the bargaining unit,” the complaint 言う。 AT&Tレイオフの代替案を検討することを拒否した、苦情 says.

この動きは、「悪意の露骨な行為と に記載されている敬意と公正な取引の約束 労働組合は述べた。苦情は裁判所に尋ねる for an injunction requiring AT&T to reinstate the former従業員が自分の役職に就き、失ったものを提供する 収益。

AT&T told Ars, “The fact is the allegations in the lawsuit根拠がない。 団体交渉の条件を遵守します この場合、同意しました。」

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: