マイクロソフト、新しい手頃な価格のラップトップを発表 学生向け無料Office 365で300ドル

Microsoftは、Surfaceのような高価なデバイスだけに焦点を合わせているわけではありません ラインナップがありますが、低予算の人や 学生。 レドモンドの巨人は4つの手頃な価格を発表しました 最も重要なパートナーであるLenovoと JP これらのノートブックは、300ドル未満で購入できます。 theUSA、彼らはWindows 10オペレーティングシステムを持ち、 また、OneNoteとTeamsを備えた無料のOffice 365が付属します。 プレインストール済み。 ただ指摘するために、このソフトウェアのみを購入する 200ドル以上かかりますが、これらのラップトップを使用すると、 同じ価格でPCを入手できます。

マイクロソフトが最初に発表したラップトップはLenovo 100eです。 また、最も手頃な価格です。 とても安いのに 内部には優れたCPUが搭載されています:Intel Celeron Apollo Lake。 そうなる 米国で販売されている価格はたった190ドルです。 次に、 コンバーチブルラップトップ:Lenovo 300e、タッチスクリーンと 手書きおよび描画用のスタイラスをサポートしています。 3番目のノート JPが発表したClassmate Leap T303は、Windowsをサポートしています セキュリティのためにこんにちは。 これはちょうどの価格で発売されます 200ドル。

「マイクロソフト」「マイクロソフト」「マイクロソフト」

最後に、もう一つのコンバーチブルであるTrigono V401を手に入れました タッチおよびペン入力をサポートしています。 これは最も高価です 1つは、300ドルの費用がかかります。 これらのノートブックは、他のノートブックに参加します すでにマイクロソフトによって発表された学生。 これらの1つは HD解像度のディスプレイを搭載したHP Stream 11 Pro G4 EE、 4 GBのRAMと64 GBの内部ストレージ(eMMC)。 それぞれの 上記のノートブックはエントリーレベルのラップトップですが、 彼らの価格のために優れており、彼らは非常に提供することを忘れないでください 学生が学ぶのを助ける興味深いプログラム。

勉強用にそのようなPCを購入しますか?

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: