Meizuは今年、ハイエンド市場に焦点を合わせ、 QualcommおよびSamsungとの提携

Meizuは本日、中国北京でメディアイベントを開催しました。 2018年の計画を発表し、最後の概要を示しました 年のパフォーマンス。 Yang Zheの間に共有したと報告されます 同社が今年行う調整の一部 メディア。 同社はブランドイメージを再構築し、また 新しいデザインスタイルを作成します。 「」

Meizu Execは、会社が そのハイエンド市場を再設計し、より多くに焦点を当てます ハイエンド市場。 製品に関しては、Meizuは協力する予定です 2018年にクアルコムとサムスンと協力して、野心的な 今年はハイエンド製品で市場をターゲットにしようとしています。 の ここでは、チップセットの側面に焦点を当てます。 昨年、Meizu クアルコムとの紛争を終了し、会社は彼らが Qualcommチップを搭載したスマートフォンを今年より多くリリースします。 ながら 一部のモデルでは、Samsungs Exynosチップセットを搭載できます。 今後のMeizu M6SはExynos 7872チップセットを搭載する予定です。

さらに、Yang ZheはMeizu 15 Plusが 会社にとって最初の旗艦電話 楽しみにしています。 デバイスは6.0インチを搭載する予定です FHD +解像度(2160 x 1080ピクセル)のLCD3ディスプレイ。 デバイス Octa-Core 1.8GHz ARM Cortex-A72プロセッサを搭載 Qualcomm Adreno 510 GPUを使用。 デバイスには、 64GBのストレージバリアントと別の とりわけ128GB。

続きを読む:Meizuは2017年に2,000万台の電話を販売し、 2016年未満

最近のレポートによると、Meizuは20隻しか出荷できませんでした。 昨年は100万台ですが、販売は20を超えたと言われています 億元とそれは、 会社。 フラッグシップモデルに集中するための入札は、 Meizus社長、Huang Zhangsのデザインのビジョンを反� 見事な旗艦モデル。 同社はその放棄を期待していない ただし、ミッドレンジおよび予算セグメントは、 今年は利益を上げる。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: