Oppo、日本で事業を開始し、Oppoを開始 R11s

Oppoは、中国のスマートフォンメーカーでもあり、 世界のトップ5のスマートフォンブランドに位置付けられ、現在拡大しています 日本への事業。 会社は日本語で進出した 主要な携帯電話であるOppo R11sの発売に伴う市場。

日本とは別に、中国に拠点を置く会社は グローバルなフットプリントを拡大します。 そのため、Oppoはロールバックを計画しています ヨーロッパ市場での営業活動。

「OPPOロゴ」

Oppoの日本事業部長Deng Yuchenによると、 現在、NTT Docomo Incと協議中です。 KDDI CorpおよびSoftBank Group Corpのポートフォリオ。 彼はさらに 会社はこれらのネットワークのうち2つで進歩を遂げていると付け加えました 演算子。 中国の携帯電話メーカーはまた、MVNOなどと話し合っています Y!mobileおよび楽天モバイルとして。

Oppoブランドを日本に拡大することについてコメントする、Deng Yuchen 前記:

このような厳しい市場で事業を展開することで、当社独自の 強みと未開発に取り組むための貴重な経験として役立つ 将来の欧州および米国市場。 日本人の成功 市場は私たちのブランドを支持するでしょう。

最近のインタビューで、Deng Yuchenは会社が 日本では約700〜800人の従業員を雇用する予定です。 エンジニアリング、マーケティング、セールスの各ポジションで今後2年間。 Oppoが小売の旗艦店を開く可能性もあります 将来的に東京の店。

2004年に設立されたOppoは、主要なスマートフォンの1つです。 中国のブランドで、現在約30の市場でデバイスを販売しています。 シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、インド、 とりわけインドネシア。

会社が日本に進出するOppo R11 市場では、6.01インチのフルHD +ディスプレイと 画面解像度2160 x 1080ピクセル、アスペクト比 18:9。 電話は、QualcommのSnapdragon 660を搭載しています プロセッサ。

「OPPO

日本では、4GB RAMと64GBの携帯電話が提供されます 内部記憶装置。 最近、同社は6GBのRAMを発売しました 128GBのオンボードストレージを備えたバリアントですが、6GBのRAMモデルは残ります 中国限定。

カメラ部門に来て、リアカメラの機能 f / 1.7アパーチャを備えた20メガピクセルのカメラセンサーと f / 1.7アパーチャを備えた16メガピクセルのカメラセンサー。 前面に 側面には、20メガピクセルのカメラセンサーが付属しています。 以上をサポートする人工知能(AI)機能 200の顔の強化、シーン検出、ポートレートモード。

電話機はColor OS 3.2を実行しており、Android 7.1.2が付属しています すぐに使用できるNougatオペレーティングシステム。 オッポは最近転がりました Android 8.1 Oreoを中国のデバイスにアップデートする。 Oppo R11s 自社のバッテリーをサポートする3,205mAhのバッテリーで駆動します VOOC急速充電テクノロジー。

続きを読む:OPPO Patents Foldable Phone フレキシブルディスプレイ付き

OppoはOppo R11sスマートフォンを発表しましたが、 日本市場、同社はまだ情報を明らかにしていません その可用性と価格設定に関連しています。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: