韓国企業は、自己修復材料を開発します クラックを修復し、将来の携帯電話に搭載される可能性があります

スマートフォンの出現により、 大きい表面積の結果として画面にひびが入った ディスプレイが占めるようになりました。 これは採用によりさらに複雑になります ベゼルが縮小されるのを見るフルスクリーン設計の。 今世界のどこかで誰かが または彼女の電話が誤って画面が粉々になった。 でも、これ すぐに韓国のチームとして過去のものになるかもしれません 研究者は新しい自己修復材料を開発しました 30以内にへこみや亀裂を修復できる「エラストマー」 分。 「エラストマー」

通常、anelastomeris 粘弾性を有するポリマー(有 粘度と弾性の両方)と非常に弱い 分子間力、一般に低ヤング率 他と比較した弾性率と高故障ひずみ 材料。 新しい素材には、最高レベルの2倍の 既存の引張強度は、破損に強いことを意味します 緊張している。 これは自己修復材料の問題でした 過去には。 エラストマーは部屋の下で自分自身を癒すこともできます 温度とそれを作るのに十分良い引張強度を持っています チームはまた、新しいことを明らかにしました 素材はモバイルデバイスの保護層として使用できます 30分以内に外部の亀裂を自動的に復元します。

続きを読む:自己修復機能を備えた新しいガラス状ポリマー 発見された才能

自己修復素材を聞いたのは初めてではありません スマートフォン用。 昨年末、からの研究者のチー� 日本の東京大学が発見されたと伝えられる 1つ2017年に自己修復材料が発見されました カリフォルニア大学リバーサイド校の化学者による コロラド大学は、自分自身を縫い戻すだけでなく 24時間以内に一緒になりますが、その50倍に伸びることもあります オリジナルサイズ。 2017年8月、モトローラは特許を取得しました ガラス状のプラスチックポリマーは、 割れた。 ただし、電話用の自己修復材料の使用 画面が現実のものになるまでにはまだ時間がかかる場合があります。

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: