VivoがSynapticsを搭載した最初の携帯電話を発表 CES 2018でのディスプレイ内指紋スキャナー

Synapticsは最初のディスプレイ内指紋スキャナーを遅く発表しました 昨年、同社はまた、最初の電話が 新しい技術は、CES 2018で開始されます ラスベガス。 ですから、Vivoは最初の 指紋スキャナーを搭載した世界の商用電話 ディスプレイの下。 残念ながら、中国の巨人は明らかにしなかった 仕様、デザイン、新しい携帯電話の名前のどちらでもありませんが、 デバイスが大量生産の準備ができていることを確実に知る すぐに公式に展示されます。

「vivo」

VivoのシニアVP(Alex Feng)によると、デバイスは より快適な認証エクスペリエンスを提供します 2018年初頭に公式に発表されました。MWC2018で見られるかもしれません それは2月に開催されます。 インディスプレイフィンガープリント Synapticsが発表したテクノロジーはOLEDディスプレイでのみ機能し、 実際、携帯電話にはAMOLEDディスプレイが搭載されています。 指紋 スキャナーはガラスパネルとOLEDパネルの間に配置されます。 指がガラスパネルに触れると、OLEDパネルは 指を照らすと、小さなチップがのビームを処理します 発光します。

「Vivo

Synapticsが明らかにしたことから、新しいディスプレイ内指紋 Vivoの携帯電話に存在するスキャナーは、 従来の指紋リーダーと同じレベルのセキュリティ 市場にある実際のスマートフォン。 一方、 認証プロセスは少し遅くなるはずです。 それも価値がある 指紋スキャナーでは同じレベルを提供できないことに言及 よくできた3D顔認識技術または虹彩のセキュリティ スキャナーは、顔のよりユニークな要素を認識することができます ユーザー。

それで、あなたはインディスプレイによって提供される快適さを好みますか 指紋リーダーまたは3D顔認識のセキュリティ テクノロジー?

CES 2018の詳細については、こちらをご覧ください リンク!

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: